よくある質問

取扱商品、サービスについて

  • シート(枠なし)での製版はできますか?

    弊社では枠に紗を張った状態で版を制作いたしますので、シートのみのご提供はいたしかねます。

  • 紗だけ売っていただけますか?

    1メートルから販売しております。ご希望のメッシュカウント、巾をお知らせください。 在庫を確認後、お見積いたします。下記ページをご参照ください。
    → 製版サービス|紗の販売

  • 絹の紗はありますか?

    申し訳ございませんが、現在取り扱っておりません。

  • ナイロン糸の紗は扱っておりますか?

    取り扱っているナイロン紗は以下の通りです。
    ◆幅153センチ(60インチ) 200、225、250、270、300メッシュ
    ◆幅112センチ(44インチ) 300メッシュ

  • ステンレス紗の製版はしておりますか?

    申し訳ございませんが、現在ステンレス紗の製版はしておりません。

  • インクは販売していますか?

    申し訳ございませんが、販売しておりません。

  • ポリエステル紗にはマルチ紗とモノ紗があるようですが、どちらで製版したら良いでしょうか?

    指定がない場合、通常はモノ紗にて製版しております。お客さまによってはインキ量や紗のテンションにより、マルチ紗が適性であると考え選択して頂いております。

  • ネガフィルムを出力していただけますか?

    出力いたします。ネガフィルムに限らず、フィルム出力用データは必ずグレイスケールデータ(K0~100%)でお願いします。CMYK、RGBのカラーデータが残っておりますと、CMYK4色分、計4枚が出力されてしまいます。

  • 版と一緒にスキージも頂きたいのですが。

    申し訳ございません。現在販売しておりません。

  • Tシャツ用の印刷台で使用する枠で“足”付いた枠は取り扱っておりますか?

    取り扱っております。ご希望のサイズをお知らせください。 また足が上下両方についているもの、片方のみに付いているものがあります。

  • 枠を送りますので、紗張りだけお願いできますか?

    紗張りいたします。希望される方は枠の大きさ、メッシュ、紗張り角度をメールにてお知らせください。枠から弊社でご用意することもできます。

  • 使用しなくなったアルミ枠の買取はしておりますか?

    ご支給いただいた版での製版はいたしますが、買取はしておりません。

  • 中古のアルミ枠はありますか?

    該当する枠があれば、販売いたします。在庫確認いたしますので、寸法とアルミフレームの形状をお問合せフォームまたはEメールにてお知らせください。

  • 新規にアルミ枠を作成していただけますか?

    ご希望の大きさ、アルミフレームの枠を作成いたします。寸法とアルミフレームの形状、数量をお問合せフォームまたはEメールにてお知らせください。納期は2週間ほどかかります。

  • 版制作にいくらかかりますか?

    柄・枠の大きさ、紗の種類によって価格が変わります。 ご希望の枠サイズ、メッシュ、また原稿のデータの有無などをお問合せフォームまたはEメールにてお知らせください。
     お問合せフォーム → https://www.ykougei.jp/seihan/contact.html
     メールアドレス  → ykinfo@ykougei.jp

  • 印刷データを送ってから、製版仕上がり、到着まで納期はどれくらいですか?

    最短で2日、通常は3営業日いただいております。お急ぎの方はお早めにご相談ください。

  • 製版をお願いしたいのですが、注文の仕方を教えてください。

    まず何にどんな図案(大きさ、デザインなど)を印刷するか。また製版データの有無をまず、メール・お電話ください。
    ご参照ください → ご注文ガイドのページ

  • 発注後に柄の変更はできますか

    ご発注承り書・確認書の確認、承認後はデザインや仕様の変更・修正はお受けできません。

  • 工場の見学はできますか?

    工場の見学はご遠慮いただいております。 申し訳ありません。

  • 数日前に問合せを行なったが、返信が来ない…

    誠に申し訳ございません。お問合せについては1営業日、遅くとも2営業日中には返信しております。お問合せのメールチェックは毎日行なっておりますが、自動メール振り分けによってまれに別フォルダーに振り分けられてしまうときがあります。こちらのチェックは週に一度なので、返信が遅くなってしまうことがあります。 またこちらの返信メールが、迷惑フォルダに振り分けられている可能性もございます。お手数おかけてして申し訳ございませんが、迷惑フォルダをチェックしてみてください。電話やファックス、LINEを@などの別手段にてご連絡お願いします。

  • どのような梱包で版を発送しておりますか?

    版膜面に緩衝材(プチプチ)を付け、表裏をダンボールで挟んで出荷しております。梱包には使用済みのダンボールを再利用させて頂いております。

  • 直接伺って打ち合わせしてもよろしいでしょうか?

    都合の良い時間をお聞かせください。

デザイン、データ作成について

  • デザインをお願いできますか?

    デザインは行なっておりません。
    別途料金になりますが、紙などの原稿から版下データを作成したり、拡大縮小、色分けをしたりなどの柄編集については、有償にて対応可能です。

  • デザインから版下データを作成してます。版下データにトンボは必要ですか?またトンボの形状は?

    トンボは付けていただかなくて構いませんが、予めお客様の作業しやすいトンボを付けていただいたほうが良いかと思います。位置やトンボの形状をご指定いただければ当社でつけます。

  • 1版に複数の柄を付け合わせて製版したいと思っております。

    複数の柄を付合せて製版することは可能です。予め、複数の柄を付け合わせた状態のデータをご支給ください。弊社でレイアウトする場合は、版下データ作成代(¥500~)がかかります。
    付け合わせですが、柄を詰め込み過ぎて柄同士の間隔が狭くなると、印刷がしづらくなります。出来るだけ余裕を持った配置しましょう。

  • 対応しているデータ形式は?

    Adobe Illustrator推奨です。Illustrator保存ヴァージョンはCCまで対応しております。
    (保存ヴァージョンは必ずお知らせください)
    同種のドローソフト、CorelDRAWには対応いたしかねます。
    画像データの場合はAdobe Photoshop形式、TIFF形式、JPEG形式、BMP形式にてお願いいたします。画像データの場合、解像度が低いと製版データとして扱えない場合がございます。

  • 細かい文字や絵を製版することはできますか?

    対応いたします。しかし、印刷する対象物やインキによって再現の限界がありますので、一度ご相談ください。

  • 画像データを作って送りたいのです。
    どれくらいの解像度があればよいでしょうか?

    Tシャツプリントの場合は300~400ppi程度あれば、問題ございません。
    Tシャツプリントに使用する紗は60メッシュ~120メッシュくらいなので、画像データが400ppi以上の高解像度であっても、仕上がりはさほどかわりません。

  • 文字のアウトライン化とはどういう意味ですか?

    文字のアウトライン化とは、イラストレーターというグラフィックソフトの機能の一つです。打ち込んだ文字(フォント)データを図形データにすることです。お客さまの打ち込んだ書体が私どものコンピューターにその書体がインストールされていないと、異なる書体に置き換えられてしまい、ご希望のスクリーン版の制作ができなくなくおそれがあります。それを避けるため、アウトライン化をお願いしています。
    文字のアウトライン化は、アウトライン化する文字を選択し、イラストレーターの「メニュー」の「文字のアウトライン化」をクリックすると文字がアウトライン化されます。
    恐れ入りますがすべての文字(原稿)はアウトライン化してお送りください。
    アウトライン化すると図形になってしまうため、文字の打ち換えなどの文字編集ができなくなります。前もってアウトライン化する前に別名保存しておくことをおすすめいたします。

  • CD-R等のメディアで入稿できますか?

    入稿OKです。CD-R、DVR-R、USBメモリ等々
    送り先は…
    〒918-8051 福井市桃園2丁目1-40 (株)横山工藝 横山和也宛
    までお願いいたします。

  • WORDのデータですが、製版できますか?

    マイクロソフトのWORDやEXCELデータは、個々のパソコンにより文字や図が変形してしまう可能性がありますので、必ずプリントアウトした紙もしくはJPEG等の画像データを添付してご入稿ください。データ編集が必要な場合は、別途データ作成がかかります。

  • 製版済みの版下データは保管しておりますか?

    製版(再製含む)してから1年はデータ保管しております。 1年未満であってもデータ消失については保障いたしかねます。 予めご了承ください。

シルクスクリーン製版に関して

  • 最大の製版サイズと、最小の製版サイズを教えてください。

    現在、お受けできる版のサイズは最大で枠外寸法115センチ×139センチです。最小サイズは枠をご支給いただければ10センチ×10センチくらいから製版可能です。

  • 持込のアルミ枠でも製版していただけますか?

    はい、製版いたします。廃版になった中古の枠でもOKです。
    継続的に製版のご依頼を頂いているお客さまは、廃版の枠をまとめて送っていただき、弊社でお預かりしております。
    紗が張ってある状態でも引取りいたします。フレームが著しく汚れているもの、アルミフレームがゆがんでいる枠については引取りいたしかねる場合もございます。

    枠の送り先 → 〒918-8051 福井市桃園2丁目1-40 (株)横山工藝 横山和也宛

  • 版下(製版)フィルムを送りますので、製版お願いできますか?

    製版いたします。フィルムが折れないようにお送りください。
    送り先は 〒918-8051 福井市桃園2丁目1-40 (株)横山工藝 横山和也宛

  • 製版フィルム、データが残っておらず、印刷物と版しかありません。再製できますか?

    紙に印刷したものを原稿にします。複数版のものは1版毎に印刷したものと、全色印刷したものを送ってください。

  • 細かい文字や絵を製版することはできますか?

    対応いたします。しかし、印刷する対象物やインキによって再現の限界がありますので、一度ご相談ください。

  • フルカラーの印刷がしたいのですが…

    フルカラーの印刷では基本的にはシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色分解になります。
    ご希望の細かさ(網点線数)をお知らせください。線数がわからない場合は、実際に印刷するもの、柄をお知らせください。 過去の実績では、30~150線までご対応させていただきました。

  • 複数の色数の柄を製版してください。

    各色に色分けしたデータをご入稿ください。出来ない場合は当社で色分けいたしますが、複雑な柄は作業代がかかります。作業代がかかる場合は事前にお知らせいたします。

  • トラップ処理はしていただけますか?

    分版(分色)作業は基本的にお客さまにお願いしております。ご希望あれば、分版作業を含め当社で行いますが作業代がかかります。作業代は事前にお知らせいたします。

  • グラデーションは製版できますか?

    製版できます。4色分解と同様、ご希望の線数、または印刷するもの、柄をお知らせください。

  • UV印刷用の版はできますか?

    製版可能です。

  • Tシャツ用の平台を並べて印刷しております。レールポイントを基準として製版していただけますか?

    焼付け(露光)機にポイントを設けて製版しておりますので、他版と位置ずれのない版が制作できます。

  • 製版後、製版フィルムはいただけますか?

    基本的に当社で作成したフィルムについてはお渡ししておりません。

  • インクを盛りたいので、厚膜版希望です。

    約1000ミクロンまで可能です。しかし厚くなるほど細かい柄は出来ません。

  • 通常の版厚は?

    低メッシュ(80~200メッシュ)で80ミクロンから100ミクロン
    高メッシュ(200メッシュ以上)で60ミクロンから80ミクロンくらいです。 メッシュが低い程、糸が太くなるので紗自体の厚みが増していきます。

  • ウレタン補強は可能でしょうか?

    現在、当社ではウレタン樹脂による補強には対応しておりませんが、硬膜剤による補強は可能です。

  • A4くらいの柄を製版したいと思っております。枠の適切な大きさとは

    柄から枠の内側まで5センチ程空いていると無理なく印刷ができると思います。A4サイズでは内寸法で30センチ×40センチくらい。

  • 紗張りのテンションについて

    テンションの基準として、1キログラム当りの沈み込み距離もしくは、ニュートンで表わします。わからない場合は実際に紗が張ってある枠をご支給ください。

  • 直間法は行なっておりますか?

    弊社ではラベルシール用の小型の版に使用しているのみで、大型の版には対応しておりません。シートは0.64巾、厚み15μmです。(油性タイプ)

  • 剥膜はおこなっておりますか?

    剥膜剤は持ちあわせておりますが、プリント作業後の剥膜・製版はプリント仕上がりに影響するためおすすめしておりません。

  • ナイロン紗とポリエステル紗の違いは何ですか?

    ナイロンの性質として伸びやすいので、ポリエステルと比べると寸法精度は劣ります。
    柔軟な性質をいかして、多少の凹凸、曲面等への印刷に適しています。ナイロン紗は油性用版のみ提供しております。

  • 製版していただいた版の紗が黄色のですが、印刷上問題はございませんか?

    製版作業上、黄色に染色しているおります。印刷では全く問題ありません。

印刷・プリントについて

  • Tシャツにプリントしたいです。メッシュはどれくらいのものが必要ですか?

    通常80メッシュを使用します。網点や細線などの柄は100から120メッシュくらいを使用します。ラメ(グリッター)などを入れる場合はラメの荒さにもよりますが60メッシュ程度の紗を使用します。

  • 水性のインクでプリントしています。インクが詰まりやすくて困っています。なにか良い方法はありませんか?

    作業の時は間を置かずに手早く連続でプリントするようにしてください。スキージを刷り下ろしてから版を上げますが、この時インクを軽く刷り上げて印刷面にインクを被せておくとよいです。これをインク返しといいます。インクが下に落ちないように軽く撫でるように柄に被せるようにインクを伸ばしてください。
    それでも何回も刷っているとインクがかたくなり詰まってきます。詰まり気味になってきた時点で版裏から湿らせたウェスで画像形成箇所のインクを拭き取りましょう。こまめに新しいインクを注ぎ足し、常にインクを柔らかい状態に保つことも重要です。
    プリント終了後は、版のインキを取り除き、水洗いし乾燥させた後、冷暗所にて版を保存してください。
    詰まってしまった箇所は、湿らしたウェスで版の表と裏から同時に擦ってください。あまりやり過ぎると、版がこわれてしまいますのでご注意ください。
    またメッシュは細かくなるほど詰まりやすいので、詰まりやすいようでしたらメッシュを粗くして製版するのも方法のひとつです。油性版は指定の版洗い溶剤をご使用ください。

  • 紙に印刷してポスターにしようと思います。水性インキ、溶剤性のインキどちらがよいでしょうか?

    図案によると思います。インキの特性上、溶剤性の方が版詰まりがしにくく、作業性が良いように思います。しかし溶剤特有の臭気があり、換気等しっかり行える環境が必要です。私自身は水性のインキをおすすめしております。※水性インキでも換気はしっかり行いましょう。

  • アクリル絵の具で印刷できますか?

    水性用の版でお作りいたしますので、問題ありません。

  • 1版で何枚くらい印刷できるのでしょうか?

    印刷環境によります。被印刷物がザラザラなものなら、版が削れてきてしまいすぐだめになってしまうように…
    Tシャツなどでは、数千枚と刷りつづけて何年も使用されているお客さまもおられます。

  • 版の洗い方、手入れは?

    こちらをご参照ください→版の取り扱い方法・お手入れについて
    印刷作業後、版に余ったインキはヘラなどで取り除き、溶剤性は版洗浄用の溶剤をウエス等に含ませてインキをきれいに拭き取っていきましょう。水性インキは水洗いで、落ちにくいようでしたら家庭にある食器洗い洗剤をスポンジに含ませんて洗いましょう。拭き取ったら、ドライヤーなどで乾かし、冷暗所に保管しましょう

  • 水性用の版に油性インキ、溶剤を使用するとどうなりますか?

    使用している内に感光膜に細かい穴が空いたり、紗から感光膜が剥離して、版が壊れます。
    逆に油性版に水溶性インキを使用した場合も同様に版が壊れます。