【おすすめ】スクリーン印刷を基礎から学べる本

基礎から体系的に学ぼう

最近ではスクリーンプリントの作業や解説動画が数多くウェブにアップされているので新たに初められる方もイメージがつかみやすくなりました。

YOUTUBE等での情報は特化していて即効性はあるのですが、特性上仕方ないことですが断片的な説明になってしまいがちです。

新たなことの取組みやトラブル時の際に基本原理に立ち返ることで適切な対処が明確になります。基本から体系的に理解していることもまた重要と私は思っております。そこで私が一番お世話になった本をば…

私が一番参考にした本

『スクリーン印刷作業マニュアル』という本です。印刷用語から製版・印刷手順が解説されており印刷基礎から理解できます。

私の持っている本は1993年発行のもので、開きすぎて糊付けがとれてページがバラバラになってしまっていますが今でも重宝しております。

スクリーン印刷作業マニュアル(1993)

検索したら2021年に改定版がでていたので早速購入しました。
改定版は表紙もスクリーン印刷っぽいデザインでPCでの版下ワーク、デジタル印刷について加筆されておりました。

スクリーン印刷作業マニュアル(2021)

目次(章)

  1. 印刷の方法
  2. スクリーン印刷のプロセス
  3. スクリーン印刷の実務と校正
  4. 製版
  5. 刷版
  6. 印刷
  7. デジタル印刷の概要
  8. スクリーン印刷の標準作業

下記リンクから購入できます▼
スクリーン印刷作業マニュアル 全日本スクリーン・デジタル印刷協同組合連合会(2021)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 中山康弘 より:

    スクリーン紗の線数カウンターを紛失してしまい検索していたら御社にたどり着きました。
    線数カウンターは販売しておられますか?

    • 横山和也 より:

      中山様購読いただきありがとうございます。
      線数カウンターですが取り扱いしておりません。申し訳ありません…