【スクリーン版】表と裏についてもろもろ

スクリーン版の表裏

印刷する時、版はスキージ側が上になりますので「」、被印刷物側を「」と呼んでいます。

スクリーン版の表裏

厚膜版を製版する場合は、「」の塗布回数を多くして版膜を厚くします。
厚膜版を版の裏から撮った写真です。
厚膜版のアップ

製版フィルムの表裏

製版フィルムの表は、遮光層(黒部分)が付いている側になります(膜面)。黒部分がデザインナイフ等で削れる側です。

製版フィルムの表裏

版の焼付(露光)ではフィルムの表と版の裏を密着させて露光します。

表刷り、裏刷り

表刷りとは、文字通り印刷物の表側の面に印刷することで、裏刷りは被印刷物の裏側に印刷します。裏刷りは大抵透明な素材に表側から見て正像になるように鏡像(裏返した状態)で印刷します。したがってシルクスクリーンの裏刷りの製版フィルムはフィルムの表が鏡像になるように「膜面裏」で出力します。


〒918-8051 福井県福井市桃園2丁目1-40
株式会社横山工藝 横山和也

シルクスクリーン製版事業部

スクリーン製版資材~横山工藝オンラインストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする