【シルク印刷】厚物で一面全体を印刷したいとき~

高さのある被印刷物に「全面にベタを打ちたい」「辺の際まで印刷が及ぶ」といった場合、下記のような治具を置くと段差に引っかからなくなりスキージの摺動がスムーズに動くようなります。また被印刷物の角とスキージの摩擦が軽減するため版の耐刷性もあがります。

がたつく

治具がないと段差で引っかかる。

段差治具

同じ高さの治具を設置し段差がなくす。図は摺り始めだけ治具を配置しているが、摺り終わりにも治具を設置する。

治具と被印刷物の隙間はスキージを斜めにすることでさらにスムーズな摺動ができる。

斜め刷り(上から見た図)

関連の記事↓

【シルク印刷】スキージをすこし斜めに平行移動するといいかも♪【Tips】

<付記>全面にベタを引く場合、ずれて欠けたりしないように面より少し塗り足して製版します。何枚も印刷しているうちに塗り足し部分にインクがたまり、被印刷物を汚してしまう原因になります。インクがたまってきたら、一旦印刷作業を中断して、版にたまったインクを拭きとりましょう。


〒918-8051 福井県福井市桃園2丁目1-40
株式会社横山工藝 横山和也

シルクスクリーン製版事業部

スクリーン製版資材~横山工藝オンラインストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする