【シルク印刷】スクリーン版の取扱い・手入れについて(1)

版が破れるケースで多く聞かれるのが印刷前です

「印刷する前に版を破ってしまったので、大至急、版を作成して欲しい!」とお願いされることが度々あります。下記のような状況時に起きがちですのでご参考くださいませ。

  • 版が届いて、当て板や緩衝材を解く際…
    カッター等で勢い余って版を刺してしまう。
    版を束ねているPPバンドを外したときに、版が一気に解かれ、他の版や周囲の角に当てて破れてしまう。
  • 保管場からの取り出し…
    棚などから引き出す際に他の版に当たって破れる。
    複数版を持ち、取り落とす。
  • 印刷セッティング中に…
    仮置きで適当な場所に立てかけて倒れてしまう。または何かに当ててしまって破れる。
    テープで版をマスキングしているときにハサミやカッターの刃を版に当ててしまう。

基本的なことで恐縮ですが、忙しさや焦りからくる”うっかり”で起きます。作業周りの整理整とん・注意(予見)することで防げますので、今一度ご確認いただければと思います m(_ _)m

スクリーン版の取扱い・手入れについて(1)「印刷準備時の取扱い」 了→(2)につづく


〒918-8051 福井県福井市桃園2丁目1-40
株式会社横山工藝 横山和也

シルクスクリーン製版事業部

スクリーン製版資材~横山工藝オンラインストア

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください