【シルク印刷】スクリーン版の取扱い・手入れについて(5)

印刷作業後の版の取扱い

  • 印刷作業後、早めにインキはきれいに拭き取る。
    インキが残っていると、目づまり/破損の原因になります。
    余ったインキはヘラで取り除きます(再使用可能なインキであればインキ容器に戻します。
    ヘラである程度取り除いたら、水性インキの場合は、専用の洗剤またはウエス(布)に水を含ませて版を拭きます。水で落ちづらい場合は食器洗剤をしても良いかもしれません。
    溶剤性インキの場合は、インキ専用の洗剤を使用します。洗浄後の版はよく乾かしましょう。
  • 版に貼ったマスキングテープやP.Pテープ類は剥がしておきます。
    テープを貼ったまま保管すると、テープが劣化して版を傷めます。
  • 保管環境は版の”持ち”に大きく影響します。湿気の少なく、日光を当たらない場所に保管しましょう。
  • 柄の名前や整理番号を保管して見える位置に記載しておくと、必要なときに探しやすくなります。

作業前から作業後まで基本的な事項をざっと箇条書きしました。また思い当たることがありましたら、追記いたします。

<スクリーン版の取扱い・手入れについて(5)「印刷作業後」 了


〒918-8051 福井県福井市桃園2丁目1-40
株式会社横山工藝 横山和也

シルクスクリーン製版事業部

スクリーン製版資材~横山工藝オンラインストア

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください