【シルク印刷】スクリーン版の取扱い・手入れについて(2)

印刷作業に取り掛かる前に。

  • 版の内容の確認
    版の内容に誤りがないか確認する(形、寸法、表・裏刷り、柄配置等々)
    YKGロゴ版


  • 版のチェック
    紗が破れていたり、枠と紗が外れていないか(接着しているか)
    ピンホール(柄以外で穴が空いてしまっている箇所)の目止め
    印刷しない合わせトンボ(レジスターマーク)など誤って印刷しないように目止め

  • 枠と紗のすき間を目止めする
    インクなどが入り込んで紗が剥がれないようにテープでマスクする


  • 柄以外の箇所はできるだけPPテープでマスクして(覆って)おくと、版の補強にもなりますし、作業後の版洗浄が楽になります。

以上、印刷前の版の取扱いについて挙げてみました。

スクリーン版の取扱い・手入れについて(2)「印刷作業前」 了 → (3)につづく


〒918-8051 福井県福井市桃園2丁目1-40
株式会社横山工藝 横山和也

シルクスクリーン製版事業部

スクリーン製版資材~横山工藝オンラインストア

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください