【シルク製版】網点(11)無料画像編集ソフトで網掛けしてみる

無料画像編集ソフト「GIMP」

「”GIMP”で作成したデータで製版できますか?」といったお問い合わせをよくいただきます。TIFFやPSD形式にエクスポートしてしていただければ製版できます。

今回はこのGIMPを使用して網点を作成したいと思います。

※弊社に製版の依頼をしていただける際の入稿は網掛け前のデータをご入稿ください。弊社にて最適条件で網掛けいたします。

GIMPによる網掛けのやり方

版下に使用する画像データはプリント寸法より3~4倍大きいものを推奨します。

プリント実寸法に縮小(拡大)

キャンバスサイズ(画像サイズ)でプリントの実寸法に調整します。

次に水平解像度・垂直解像度で最終の出力解像度を決めます。GIMPの場合、網点変換入力時点の解像度がそのまま出力解像度になるようなので、ここで出力解像度の数値にしてしまいます。出力解像度は高解像度にするほどきれいな網点になります。Tシャツプリントで網点線数を40線とすると400dpiでもプリントに支障ありません。

網掛けする

大きさ、網点の出力解像度を決めたら、フィルタ>変形>新聞印刷で網掛けします。

入力はそのまま。出力(線数/インチ)で任意の線数を入力。今回は40線です。

セルサイズは成り行き。

スクリーン(今回はグレースケールなのでグレーのみ)項目で網点の角度をいれます。スポット形状は通常、丸です。

エクスポートでTIFF形式で保存出すれば完成です。

【シルク製版】網点(12)無料画像編集ソフトで網掛けしてみる <了>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする